商業誌の既刊

rinne_Hs輪廻の花~300年の片恋~
イラスト:みずかねりょう 様
キャラ文庫/徳間書店
2015年6月27日発売
640円+税

●輪廻転生(生まれ変わり)ファンタジー
●〈前世〉熱血・公爵×コミュ障・公爵
●〈今世〉熱血・次期公爵×コミュ障・庶民
●双子・ちょこっと学園物・切ない


▽内容紹介▽
酷い言葉で傷つけ、死に追いやった俺を赦してくれ――。愛する人を死なせた前世の記憶を持つ青年貴族レイランド。その前に、想い人と瓜二つの少年・スウェンが現れた! 捜し続けた相手にやっと出逢えたのに、なぜか彼の双子の兄・カインから目が離せない。運命の人ではないのに、どうして地味で冴えないカインが気になるんだ!? 失われた愛を求め輪廻転生する、一途で切ない300年の純愛!!(あらすじ紹介文より)

昔から大好きなテーマの輪廻転生モノ。前世、悲恋(…というか恋愛以前)で相手に死なれた攻・レイランドが、気合いと根性で生まれ変わり、前世の罪を償い、恋を成就させるまでの物語です。今回は赦しを請うことと恋の成就がメインだったので、戦いの描写はちょっぴりだったのが少しだけ心残りだったかも。イラストはみずかねりょう先生。すごく素敵な表紙イラストに加え、妄想して萌え萌えしてしまう口絵、そして雑誌掲載時の扉イラストと、カラーが3枚も楽しめます♪

 

oosaHa-[2]王様と幸福の青い鳥
イラスト:花小蒔朔衣 様
花丸文庫/白泉社
2015年1月20日発売
710円

●ファンタジー
●セレブ俺様攻×アホの子(イノセント)健気受
●王様×神子
●誤解・すれ違い・切ない


▽内容紹介▽
イスリル国の神子選定の場で、資格がないのに神子候補にさせられたイリリアは、偽物と発覚し処刑されそうになったところを王に助けられ、そのまま何故か王の伴侶の神子に選ばれた。イリリアは悲惨な状況から救ってくれた命の恩人だと王を無邪気に慕うが、敵が多く人を信じない王は、イリリアを利用できる駒としか考えていなかった。けれど、それでも役に立てるならと王を想い続けるイリリアの健気な姿に、次第に王も心を開くようになっていく。ところがある日、イリリアは、国で異端とされる呪術で王を誑かしたという疑いをかけられ――。(あらすじ紹介文より)

私的に王道まっすぐストライクど真ん中な感じのお話。久しぶりにアホの子系が書けて楽しかったです。挿絵は花小蒔朔衣先生。表紙も美しいですが中のイラストも、イリリアのアホ可愛さとか世界観とか王様らしさを丁寧に描いていただきました♪

 

rakuen_Hs[2]楽園の囚われ人(文庫新装版)
イラスト:高座朗 様
ルチル文庫L/幻冬舎コミックス
2015年1月19日発売
660円+税込

●古代ペルシア風ファンタジー
●初恋一途 攻×誇り高い 受
●武人貴族・元王の寵童
●調教・鬼畜・無理やり
★文庫化書き下ろし短編あり

▽内容紹介▽
後宮で暮らしていたキリアは王の寵愛を失い、臣下のファリードに下げ渡されてしまう。キリアはそれを屈辱に思い、ファリードに心を開けなかった。だが一緒に暮らす内に、彼に好意を持ちはじめ…。(あらすじ紹介文より)

心のサブタイトル【~後宮追い出され物語~】文庫化です。挿絵は新たに高座朗先生が描いてくださいました。美麗キリアと格好いいファリードをお楽しみください。王様も格好いいです☆ 文庫化にあたって短編も書き下ろしました。本編後のふたりのほのぼのラブなエピソードです♪

 

uragiri_H[2]裏切りの代償 ~真実の絆~
イラスト:葛西リカコ 様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2014年11月28日発売
870円+税込

代償シリーズ第5弾
●ケモミミファンタジー
●ツンデレクール聖獣×頭脳系へたれ騎士(メガネ)
●すれ違い・切ない・歳下攻
★書き下ろし

▽内容紹介▽
インペリアルの聖獣として待望の初陣を迎えたアルティオは、自分の〝対の絆〟である騎士リオンの不甲斐ない戦いぶりに頭を抱えていた。リオンは昔から魔獣殲滅の研究に没頭していてアルティオは放置されがちで、ずっと不満を抱えていた。初陣から一年と数ヵ月後『リオンは、正当な騎士候補から繭卵を横取りした卑怯者』という、ふたりの溝を抉るような噂が帝都に流れる。噂の影響を受けたアルティオは彼に一層の不信感を抱き、距離を取るようになるが…。(あらすじ紹介文より)

これまで出てきたファイター系やマルチ系ではなく、頭脳系騎士受です。頭脳系というと聞こえがいいですが、まあ「へたれ」です。そしてメガネ。攻はモフモフ長髪ツンクールさん。あとでデレます。葛西リカコ先生のイラストが相変わらず麗しくメロキュン☆です。お楽しみください♪

 

samayouHs彷徨者たちの帰還~守護者の絆~
イラスト:葛西リカコ 様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2014年6月30日発売
870円+税込

代償シリーズ第4弾
●ケモミミファンタジー
●僻地生まれ聖獣×人間不信騎士
●もふもふ子育て・野生児ふたり旅・歳下攻
★書き下ろし

▽内容紹介▽
帝国生まれでありながら密入国者集団が隠れ住む『天の国』で育ったキースは、聖獣のことも騎士のことも知らずに育った。生来の美貌のため、キースは幼い頃から性的な悪戯を受けたり襲われたりすることが多く、人間不信に陥っていた。そんな折、成人の儀式で光輝く繭卵を見つけ大切に保管する。数年後、孵化した聖獣に驚くキースだが〝対の絆〟という、言葉も概念も分からないまま誓約を結び、聖獣をフェンリルと名づけ、育て始めるのだが――。(あらすじ紹介文より)

タイトルに代償って入ってませんが代償(と書いてモフモフと読む)シリーズ第4弾。全編書き下ろし。今回はモフモフ子育てとふたりだけの逃避行。そして究極の歳下攻。葛西リカコ先生のちびっこフェンリルは必見。

 

tenshi_Hs天使奪還
イラスト:青井 秋 様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2013年11月29日発売
855円+税

●ファンタジー
●王室警護士×凄腕エクソシスト
●ワンコ系攻×口の悪い訳あり受
×受に執着する第三の男
★書き下ろし

▽内容紹介▽
身体および忍耐能力は抜群だが人と争うことが苦手なクライスは、大学を出て王室警護士になり数年が過ぎた。そんなある日、王家の一員が悪魔に憑依されたという噂が流れ、シオン教総本山ヴァレンテ本国から凄腕エクソシスト「エリファス・レヴィ」がやってくる。クライスはそのエクソシストをひと目見た瞬間から心を奪われるが、自分には縁のない高嶺の花だとあきらめようとする。しかし、自分でも気づかなかった『守護者』の能力を買われて彼の警護役に抜擢され、寝起きをともにする日々が続くうちに、エリファス・レヴィへの気持ちがあらがえないほどに高まってゆき…。(あらすじ紹介文より)

見どころは麗しいイラストと、私の作品には珍しい(?)大型ワンコ・抱擁系・若干ぽややん気味なクライス(攻)の、エリファス(受)好き好きオーラ全開視点。第三の男レギウスのエリファスに対する下種い執着っぷりとともにお楽しみください。

 

dakkanH_S奪還の代償~約束の絆~
イラスト:葛西リカコ 様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2013年4月30日発売
898円(税込)

代償シリーズ第3弾
●ケモミミファンタジー
●護国軍人×黄位(?)聖獣
●盗まれた繭卵・不遇な子ども・切ない系
★雑誌掲載+書き下ろし

▽内容紹介▽
故郷の森の中で聖獣の繭卵(たまご)を拾った軍人のリグトゥールは、繭卵を慈しみ大切にしていた。しかし繭卵が窃盗集団に奪われてしまう。繭卵の呼び声を頼りに行方を追い続けるも、孵化したために声が聞こえなくなる。それでも、執念で探し続けるリグトゥールは、ある任務中に立ち寄った街で主に虐げられている黄位の聖獣・カイエと出会う。同情し、世話をやいているうちに彼が盗まれた繭卵の聖獣だと確信するが…。(あらすじ紹介文より)

代償(と書いてモフモフと読む)シリーズ第3弾。2012年に雑誌で前後編掲載されたものに書き下ろしを加えた1冊。秘かな見どころはモフモフ学園。前2作の主人公ヴァルクート&キリハ、ギルレリウス×リュセランも顔を出してます。本編ではできなかった本懐を書き下ろしで遂げてます。


C_kishito_S騎士と誓いの花 (下)
漫画:九重シャム様
バーズコミックス リンクスコレクション
2013年5月24発売
680円(税込)

★原作小説のコミカライズ
★光の螺旋シリーズ第1弾
●28歳・朴念仁×15歳・泣き虫
●身代わり ●切ない系・鬼畜あり
●ファンタジー

▽内容紹介▽
偽王により荒廃するシャルハン皇国で奴隷生活を送っていたリィトは、騎士・グリファスに救い出された恩返しとして、彼が仕える正当は王位継承者・ルスランの身代わり役を引き受ける。しかし皇都奪還へ向かう旅の途中、隣国・サイラムの襲撃によりリィトは『ルスラン』として捕縛され、媚薬を使った拷問を受けてしまい――!?(あらすじ紹介文より)

【小説リンクス→月刊リンクス】にて連載。九重シャム先生によるコミカライズ! 雑誌掲載episode7~episode14(最終回)&描き下ろし収録。カバー下には私の書き下ろしの(グリファス、メロ甘)SSあり。九重先生の描き下ろしもステキ甘々ラブきゅんなので、小説既読の方もぜひお読みいただき糖度摂取してください。

 

yamino_Hs闇の王と彼方の恋
イラスト:ホームラン・拳様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2012年12月28日発売
898円(税込)

★逆異世界トリップファンタジー
★雑誌掲載+書き下ろし
●異世界の王×高校生男子
●後半は正統異世界トリップ
●種族の違い・親友の横恋慕

▽内容紹介▽
『門』の向こうから来たアディーンに惹かれていく羽室悠。人類の敵として忌み嫌われているアディーンと逢瀬を続けるが……。 (あらすじ紹介文より)

表題作は2006年に雑誌掲載された、いわゆる逆異世界トリップ物。書き下ろしは、逆に正統派異世界トリップになってます。表題作がわりとシリアス(小雨フリしきる晩秋のようなイメージ)ぽっくなったので、2本目の書き下ろしはほっこりスイートラブ☆ほのぼの日常(異世界だけど!)系にしようと思ってプロット練って、担当さんにもOKOKされたものの、結局ちょっぴしハードエピ入っちゃいました。とはいっても詳細ではないので、ほのぼの好きーの方はご安心を。


kishito_co騎士と誓いの花 (上)
漫画:九重シャム様
バーズコミックス リンクスコレクション
2012年7月24発売
680円(税込)

★原作小説のコミカライズ
★光の螺旋シリーズ第1弾
●28歳・朴念仁×15歳・泣き虫
●身代わり ●切ない系・鬼畜あり
●ファンタジー

▽内容紹介▽
戦乱と飢饉によって衰えていくシャルハン皇国で、過酷な生活をおくる奴隷のリィト。そんな彼を救ってくれたのは、端正な容貌の黒衣の騎士・グリファスだった。両親亡き後、誰からも優しくされなかったリィトは、彼の包みこむような気持ちに惹かれていく。そんな幸せな時を過ごしていたある日、リィトはグリファスから、彼が仕える皇子の身代わりを頼まれる。命を救ってくれたグリファスのため、リィトは身代わりとなることを決意するが…。 (あらすじ紹介文より)

【小説リンクス→月刊リンクス】にて連載。九重シャム先生によるコミカライズ! 雑誌掲載episode1~episode6&描き下ろし収録。カバー下には私の書き下ろしのSS(右画像)あり。原作の小説世界をすごく素敵に漫画化していただいてますので、雑誌連載を追いかけていた方もそうでない方も、まとめてまるっとよろしくお願いします。

seiyaku_S誓約の代償~贖罪の絆~
イラスト:葛西リカコ様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2012年4月27発売
898円(税込)

代償シリーズ第2弾
●ケモミミファンタジー
●帝国皇孫×最高位(インペリアル)聖獣
●裏切り・すれ違い・切ない系
★雑誌掲載+書き下ろし

▽内容紹介▽
主のギルレリウスの聖獣であるリュセランは、皇帝の四男が帰還したことで宮廷内に、二人の不穏な噂が流れていることを知り…。 (あらすじ紹介文より)

2011年に前後編で雑誌掲載したものです。こちらは第三者によるご無体はなし。シリアス・切ない・ケモミミファンタジー。書き下ろしは、その後のギルとちびリュセの、もふもふとラブ(とギルの葛藤)な日々になります。2011年12月末発行【忠誠の代償~聖なる絆~】のリンク作。


sorano_s空の涙、獣の蜜
イラスト:ホームラン・拳様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2012年12月28日発売 898円(税込)

★逆異世界トリップファンタジー
★雑誌掲載+書き下ろし
●異世界の王×高校生男子
●後半は正統異世界トリップ
●種族の違い・親友の横恋慕


▽内容紹介▽
二頭の神獣に抱かれて……。 山の主の人身御供にされたソラは、巨大な白虎と黒豹に組み伏せられ、凌辱されてしまう。白虎の珀焔(ハクエン)、黒豹の黛嵐(タイラン)はソラの精を得て人型になるため、交替で彼らに抱かれることに。神獣達から求められ、次第に変化していくソラの身体。だが心は何故か、優しい黛嵐ではなく、自分に冷たい珀焔に傾いていた。ある日、敵対する胡狼(ジャッカル)と戦い傷ついた珀焔を治療するため、二人は宝剣に戻ってしまう。その留守を守っていたソラは胡狼達に捕らわれて——。 (あらすじ紹介文より)

2010年に発行した同人誌(同人活動10周年記念合同誌)【神獣伝説】1と2に書いたものに若干の加筆修正と、書き下ろしを加えて商業ノベルス化。ケモミミ・3P・獣○・輪○・エロがっつり系(当社比)。ツンクール珀焔(白虎)とジェントル黛嵐(黒豹)に、人身御供として捧げられた孤独な少年ソラの物語。あまり難しく考えず、モフモフとエロを楽しんでいただければ幸いですv  店舗別特典SSはソラの里帰りプチエピソード。コミコミ特典小冊子は、ソラの尻に敷かれている珀焔と、新婚熱愛ラブラブな黛嵐とカイナのほのぼのラブ系エピソードです♪

chyuseiHs忠誠の代償~聖なる絆~
イラスト:葛西リカコ様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2011年12月末発売 898円(税込)

代償シリーズ第1弾
●ケモミミファンタジー
●帝国皇子(末子)×位階不明の野良聖獣
●繭卵→孵化→子育て→そして…
★書き下ろし


▽内容紹介▽
魔獣に脅かされるラグナクルス帝国――唯一魔獣を倒すとされる聖獣と誓約を結び、人々は自らを守るために戦闘をくり返していた。皇子ヴァルクートは、最高位の聖獣と絆を結ぶ前に、長兄の謀略によって辺境に追いやられてしまう。荒くれた警備兵を率いながら、監視の仕事に明け暮れていたとき、思いがけず野良聖獣キリハの繭卵を見つける。キリハに呼ばれるように、誓約を交わすことになったヴァルクートだったが…。(あらすじ紹介文より)

全編書き下ろしのケモミミ物です。雑誌掲載作【誓約の代償~贖罪の絆~】では生まれながらのインペリアル聖獣リュセラン(白銀長毛・病弱)が主人公でしたが、今作の主人公キリハは『生まれは野良、育ちは辺境!』。さらに、むさくるしい国境警備兵たちに可愛がられてスクスク育った由緒正しい野生児タイプ。そんなキリハの繭卵を拾ったのは大帝国の末っ子皇子ヴァルクート。ヴァルクートは皇子とはいえ、皇太子である長兄に疎まれて辺境に飛ばされてしまった苦労人。そんな彼が紆余曲折を経てキリハを育て、その可愛らしさにメロメロデレデレする…という感じの話です。ヴァルクートがキリハの愛らしさにメロデレきゅんしている間に、帝国ではインペリアルの繭卵が生まれなくなったとか、魔獣の侵攻が激化しつつあるとか、いろいろ問題が起きてますが、そのあたりのことはぜひ本文をお読みいただいて、楽しんでいただけたら幸いです。

12notukito-H12の月と、塔の上の約束
イラスト:白砂 順様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2011年2月末発売
898円(税込)

●ファンタジー
●近衛聖騎士×わけあり囚われ人
●最初は誤解が元で無理やり…
★雑誌掲載作+書き下ろし
★光の螺旋シリーズ第6弾

▽内容紹介▽
在る理由から長年、《貴人の塔》に幽閉されているエリオンは、飼っている鳥を介して出会っていた近衛聖騎士アーガイルに、いつしか恋心を抱くようになっていた。王に願い、月に一度アーガイルと会うことになったエリオンだったが、初日にアーガイルに強引に身体を奪われてしまう。思いやりもない行為と言葉に、彼が何か誤解をしていることを悟ったエリオンは、説明しようとするが…。
『光の螺旋』シリーズ第六弾!!(あらすじ紹介文より)

雑誌掲載分がけっこうハードというか切ない感じいっぱいだったので、書き下ろしはいちゃらぶ成分大目を目指してみました。雑誌掲載作を読んだことのある方もそうでない方も、読んでいただけたら幸いです。
光の螺旋シリーズになりますが、今作単独で楽しんでいただけます♪

chiruhana-H散る花は影に抱かれて
イラスト:山岸ほくと様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2010年11月末発売
898円(税込)

●忍び(忍者)物
●主従関係(主・受/従・攻)
●義兄弟(弟・受/兄・攻)●身分違い
★雑誌掲載作+書き下ろし
★前半は純愛、後半はお色気↑

▽内容紹介▽
忍びたちを束ねる惣領の息子・夏月は、幼い頃に暗殺者から命を狙われたために、隠れ里に住む下忍・忠影の家に預けられる。長いあいだ兄者と慕う忠影に守られながら育った夏月にとって、彼はかけがいのない存在となっていた。だがある日、生家からの迎えがやってくる。身分が違うために、忠影と引き離された夏月は周囲から監視され、彼と会うことは叶わなかった。しかし、忠影への想いが募った夏月は家を抜け出すが……。(あらすじ紹介文より)

雑誌掲載作では最後にやっとこさ、なんとかチューにこぎつけた…という焦れ焦れ純愛展開でしたが、その分後半書き下ろし分はいろいろ甘かったり激しかったりもにゃもにゃだったりしてます。今回のマイ萌えポイントは『兄弟として育ったふたりが主従関係で立場逆転! 従者になった兄(血の繋がりはない)のひたむきな忠誠心』だったんですが、上手く表現できているかどうかはちょっとアレですが、手にとって読んでいただければ幸いです。
挿絵は山岸ほくと先生です。美人な夏月と、かっこよさを上げ底してもらってる忠影をご堪能ください☆


itimainoe一枚の絵
イラスト:ヒメミコ様
花丸単行本/白泉社
2010年9月17日発売
本体1300円+税

●世界名作劇場風ファンタジー
●名門貴族ラ戦災孤児
●身分差・切ない系
★同人誌改稿作+サイト掲載作
★『ruin-傷-』の前作に当たります
▽内容紹介▽
ごみ屑同然に差別されている身で、流民のエリヤは金に困り、行きずりの男に身を売った。乱暴にされ行き倒れたところを、類い希なる美貌の貴公子ライオネルに救われる。生まれて初めて優しくされて、エリヤは彼に秘めた想いを抱くが、やがて屋敷の人間に男娼行為を暴露され、ライオネルにその汚れた素性を知られてしまうのだった。自分の気持ちすら迷惑なだけと知って絶望のあまり逃げだし、さまようエリヤ。そして愛は深淵の狭間に落ちてゆく……。
(あらすじ紹介文より)

同人誌改稿作ですが、今回は今までの「同人誌」→「商業誌」に較べるとと比較的元原稿に忠実です。加筆はあまりありません。その代わり、以前サイトにUPしていた短編を収録しました。
*本の分類は『新書』ではなく『単行本』になります。書店では置き場所が変わってる場合があります。いつもの場所になかったときは店員さんに聞いてみてください。

koctyuno2蠱蟲の虜~螺旋への回帰~
イラスト:金ひかる様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2010年6月末発売
898円(税込)

全編書き下ろし
★光の螺旋シリーズ第5弾
●ファンタジー
●元名門貴族×わけあり孤児
●それぞれの出自が明らかに…

▽内容紹介▽
苦難(攫われた先で盗賊団の性奴隷)を乗り越え、身も心も強い絆で繋がりあったリーンとカイル。リーンの身体に寄生した『蠱蟲』を取り除くため、どんな願いも叶えてくれるという「白亜の泉」を目指して、二人は源初の大陸に渡る。しかし、リーンは原因不明の体調悪化に苦しみ、さらには『蠱蟲』による身体の禁断症状のせいで、暴漢に襲われそうになる。カイルによって救いだされるが、目的地に近づくごとに、リーンは弱っていき……。『光の螺旋』シリーズ第五弾!!(あらすじ紹介文より)

いよいよ二人の過去が明らかになったり、リーンを追いかけて○○や○○○がやって来たり、カイルが○○したり…と、いろいろてんこ盛りな内容を、今回も2段組でたっぷりとお届けします! 挿絵は金ひかる先生。とても素敵に描いていただきました♪

ruin-M-Hruin-緑の日々-
イラスト:金ひかる様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2009年11月末発売
898円(税込)

同人誌再録(大幅改稿)
★光の螺旋シリーズ第4弾
●隻眼の公爵×秘書官長
●子ども返り&記憶喪失
●カレス&ガルドラン救済物語
●ファンタジー
▽内容紹介▽
親友への報われない恋の辛さ、そして政敵から受けた手酷い暴行により、心身ともに深い傷を負ったカレスは、隻眼の公爵ガルドランに連れられて、森の都ルドワイヤにやってくる。公爵の深い愛情に包まれたカレスは、傷の癒えとともに、自らの中に確かに存在するガルドランへの想いを自覚していた。彼の立場を慮り、想いを告げることをためらうカレスだったが、ガルドランに結婚の話が持ち上がっていることを知らされ…。
『光の螺旋』シリーズ第四弾!!
(あらすじ紹介文より)

自分的『甘々ランキング』堂々の一位! な感じです。あらすじを読んでいただけるとお分かりのように、ガルドランの結婚問題とか出てきて一波乱ありますが…。前作で辛かった分、今回のカレスは甘やかされてます。モフモフもいい味出してます。

yoseteha-H1寄せては返す波のように
イラスト:藤たまき様
海王社/ガッシュ文庫
2009年5月28日発売
670円(税込)

同人誌再録(改稿+大量書き下ろし)
★【蒼い海に秘めた恋】番外編
◆歳の差(エルリンク38歳ラルース17歳)
◆エリート×清掃員
◆受が記憶障害・受が健気
◆攻がツンデレ・攻がダメな大人…
▽内容紹介▽
“エリィは、おれの好きな人。
でもエリィが好きなのは別の人。おれは身代わり” 記憶障害を持つルースは、忘れないようにそれを手帳に記した。研究所所長のエリィにとって、一時間程度しか記憶が保てないルースは、都合の良い存在なのだ。だからエリィは、去った養い子に似た容姿のルースを気まぐれに所長室に呼びつけ、身代わりに抱く。一方的で身勝手だけど、あなたが好き――。切なくも愛おしい恋物語。 (あらすじ紹介文より)

蒼い海に秘めた恋』に出てきた《可哀想なエリィ》ことエルリンク・クリシュナ救済話として2007年8月に発行した同人誌に、加筆改稿&大量書き下ろししたもの(4分の3は書き下ろし)。物語後半にはグレイやショアたちもちょこっと出てきて活躍したりするので、そのあたりもお楽しみに☆

ruin-Hruin-傷-
イラスト:金ひかる様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2008年10月末発売
898円(税込)
同人誌再録(大幅改稿)+書き下ろし
★光の螺旋シリーズ第3弾
●隻眼の公爵×秘書官長
●なかなか報われない片想い
●片想い相手を庇い、政敵に身を差し出す
●ファンタジー

▽内容紹介▽
幼い頃に親友のライオネルに救われ、身も心も尽くしていたカレスは、彼に同性の恋人ができたことで、初めて自分の想いに気づく。遅すぎた恋の自覚に苦しみながら、懸命に彼の片腕としてカレスは政務に励んでいた。だがある夜、胸の痛みに耐えかねて酒場に出向いたカレスは、暴漢に絡まれたところを山賊のような男・ガルドランに助けられる。カレスは酔った勢いで抱かれ、肉体を責められるその行為に奇妙な慰めを見出すが…。『光の螺旋シリーズ第三弾!!』(あらすじ紹介文より)

同人誌改稿作。前作に当たる同人誌『一枚の絵』で健気主人公を苛める意地悪脇役として登場したカレスのことを、もっと掘り下げて書きたくなって書いたお話し。最初は続編にあたる『緑の日々』の内容まで書くつもりだったものの、ページ的に一旦あそこで終わらせた…という感じ。主人公たちがくっついた後のラブは読者の想像力にお任せ☆傾向が強い私でも、さすがに「…ここで終わるのってひどいよなぁ」と思ったので、すぐさま続編に取りかかった記憶がある作品。ということで、続編は2009年夏に発行予定! 乞うご期待!

kimiga-H君がこころの月にひかれて
イラスト:佐々木久美子様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2008年4月末発売
898円(税込)

同人誌再録(大幅改稿)
●江戸時代物
●藩主(攻1)×小姓(受)×幼馴染み(攻2)
●主従関係・歳の差・陰謀・すれ違い
●身売り・献身的な幼馴染み

▽内容紹介▽
町人の葉之助は両親を亡くし、陰間茶屋に売られようとしたところを逃げだし、津藩主藤堂和泉守隆継に拾われる。隆継を一途に慕い、下働きから隆継の側小姓にまでなった葉之助だったが、同僚の罠にかかり、藩邸を追い出されてしまう。生きる気力を無くした葉之助が選んだ道は、人知れず死ぬことだった。腹を切り、瀕死の洋之助を救ったのは、幼馴染みの吉弥。一命を取り留めたものの、心に深い傷を負った葉之助は、吉弥と共に人生を歩もうとするが……。(あらすじ紹介文より)

同人誌改稿作。元のエピソードを100%残したまま、更にいくつかのエピソードを加えて大幅改稿。嬉し恥ずかしの処女作、ということで自分的萌え要素てんこ盛り&原点作品その1です。時代物だからこそできる要素を盛り込みつつ、山あり谷あり波瀾万丈ストーリーを目指しました!

koctyuno蠱蟲の虜
光の螺旋シリーズ第2弾
イラスト:金ひかる様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2007年10月末発売
898円(税込)

同人誌再録(大幅改稿)
★光の螺旋シリーズ第2弾
●元名門貴族(攻)×わけあり孤児(受)
●攫われた先で盗賊団の性奴隷
●異生物に寄生される ●別離・再会・すれ違い
▽内容紹介▽
砂漠に捨てられた奴隷のリーンは死の直前、精悍な容貌のカイルに救われる。カイルの献身的な看病に、暴力しか与えられなかったリーンは彼への恋心を意識していく。しかし、体力がなく旅ができないリーンは、村で彼と泣く泣く別れることに。いつかカイルとの再会を願うリーンだったが、夜盗の襲撃に遭い、慰み者として連れ攫われてしまう。逃亡を試みるリーンに、首領が『蠱蟲』という恐ろしい異生物を体内に植えつけ…。感動作『光の螺旋』シリーズ第二弾!!(あらすじ紹介文より)
*『光の螺旋シリーズ』第1弾は【騎士と誓いの花】になります

同人誌改稿作。元のエピソードは98%残したまま大幅改稿&増量しました。リーンが捨てられたり拾われたり別れたり再会したり。ひどい目に遭ったり、ひどいこと言われたり。でもあきらめずに恋心を抱き続け、最後は…という大河ロマン系を目指した、自分的原点作品その2。気になるリーンの出生の秘密などが明かされる続編予定あり!

yuuhito夕陽と君の背中
イラスト:山岸ほくと様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2007年3月末発売
898円(税込)

雑誌掲載分&書き下ろし
●鈍感 攻×地味 受
●文化祭・女装・片想い・男同士の葛藤
●高校生(同級生)
●現代物

▽内容紹介▽
心が張り裂けそうなほど、同級生の藍田向陽を想い続けている浅倉勇貴。地味な性格の自分とは違い、向陽の明るい性格に惹かれた勇貴だったが、ひたすら恋心をかくしていた。しかし、向陽に彼女ができたかもしれないと知った勇貴は、衝撃を受け焦り始める。日に日に自分だけを見て欲しいと、欲求が募る勇貴は、少しでも可能性があればと、文化祭で女装することを思いつくのだが……。(あらすじ紹介文より)

カッコイイけど鈍感で不器用でヘタレな藍田向陽と、ふだんは真面目で地味だけど一線を越えるとちょっと暴走してしまう浅倉勇貴。高校生ふたりの、青くさくてほろ苦くて甘酸っぱい(当社比)お話を目指しました。

aoiCDn【ドラマCD】蒼い海に秘めた恋
イラスト:藤たまき様
CYBER PHASE(サイバーフェイズ)
2006年9月8日発売
¥4,935(税込)



【主要キャスト】
福山 潤:ショア・ランカーム
鳥海浩輔:オルソン・グレイ
森川智之:エルリンク・クリシュナ
下野 紘:キール・ルメリオ 他

▽内容紹介▽
ショア(福山 潤さん)は本当に可愛いというか健気というか、グレイでなくても思わず守ってやりたくなるほどだし、グレイ(鳥海浩輔さん)は優しいときはメロメロ優しいくせに、誤解して仲違いしたときの突き放し具合がこれまた絶妙だし、そして誰からも『可哀相』と太鼓判を押されてしまったエルリンク(森川智之さん)は、いかんなく可哀相さを発揮してます(笑)。(もちろんクールで知的でカッコイイんですが) さらに何気にいい味を出しているのがキール(下野 紘さん)。ものすごくイメージ通りのキールになってます。他にもタフタフとかロアンとかサンミル(前・所長/エルリンクの元上司)とか、レノとかライラとか、本部長とか班員たちとか、みんなとてもよく世界を創り出してくれています(特にタフタフやレノの頼り甲斐ある感じとか、サンミル所長のねちっこさとさとか) このあたりも、皆様にはぜひ本編を聴いていただいて直に楽しんでいただきたいと思います。

rakuenno楽園の囚われ人
イラスト:白砂 順 様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2006年6月末発売
898円(税込)

書き下ろし
●初恋一途 攻×誇り高い 受
●武人貴族・元王の寵童
●調教・鬼畜・無理やり
●古代ペルシア風ファンタジー

▽内容紹介▽
後宮で暮らしていたキリアは王の寵愛を失い、臣下のファリードに下げ渡されてしまう。キリアはそれを屈辱に思い、ファリードに心を開けなかった。だが一緒に暮らす内に、彼に好意を持ちはじめ…。(あらすじ紹介文より)

ファリードは故国を滅ぼした大国パルーサ王を暗殺するため王宮に忍び込み、迷い込んだ後宮で王の寵童キリアと出会う。少年ながら高潔で凛とした態度のキリアに一目惚れして、いつか必ず彼を手に入れようと心に誓った。七年後、すでに王の寵愛を失っていたキリアを戦功の報奨として望み、念願叶って下げ渡してもらえることになったのだが…。キリアは自分を王から引き離したファリードを一方的に恨んで、心を開こうとしない。その上、王から下賜された証として公証人の前でファリードに抱かれることになり、ますます彼に反発する。王以外の男に肌を許した以上、二度と後宮に戻ることは叶わない…と絶望したキリアは自害しようとするが――。という感じで、山あり谷あり調教あり鬼畜あり。本領発揮というか、自分の好きなシチュをモリモリ盛り込んでみました。王道からはちょっと外れてると思いますが、一応ハーレム物のつもり…というか亜流というか…。心のサブタイトルは【~後宮追い出され物語~】。全体的にえっちぃ感じを目指しました。

respectリスペクト・キス
イラスト:樋口ゆうり様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2006年2月末発売
898円(税込)

雑誌掲載分&書き下ろし
●鈍感モテ男 攻×臆病で優しい 受
●片想い・切ない系
●十年来の友達同士・同い年
●現代物

▽内容紹介▽
高校生の時から同級生の城戸剛志を想い続けている瀬尾洵。臆病で優しすぎる性格の純は、社会人になったいまも剛志に告白できない毎日を送っていた。そんな折、洵の前に、剛志が昔付き合っていた洵の従弟・煌が突然現れる。剛志とまたつき合い始めるのではないかと洵は不安と絶望の中、普段と変わらない態度で剛志に接する。しかし、剛志と煌がつき合い出したと聞き、剛志への思いを断ち切るため、ある決断をするが……。

久しぶりの現代物。しみじみしっとり、そして甘さも加えてみました。
(↓以下、剛志視点で紹介してみます)
レコーディングエンジニアとして一流企業に勤め、友人にも仕事にも、そして容姿にも恵まれている城戸剛志の唯一の泣き所は『恋人と長続きしない』こと。でも大丈夫。振ったにせよ振られたにせよ、恋人と別れて落ち込んだときは(それ以外でも)、十年来の友人である瀬尾洵にやさしく慰めてもらえるから。剛志にとって洵は、かけがえのない大切な友達だったはず…。しかし、洵の従弟である一ノ瀬煌の出現により、これまでの関係が変化し始める――。
という感じであります。1話目(雑誌掲載分)は洵の片想いに決着が着くまで。2話目は、その後のふたりのお話し。1話目で存分に鈍感ヘタレ攻っぷりを発揮する剛志ですが、2話目では彼なりにがんばってます。けれど過去の行状が仇となり、洵に思わぬ反撃を受けることに。今回の裏テーマは『因果応報』ってとこでしょうか(笑)

kishito騎士と誓いの花
イラスト:樋口ゆうり様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2005年7月末発売
898円(税込)

書き下ろし
★光の螺旋シリーズ第1弾
●28歳・朴念仁(攻)×15歳・泣き虫(受)
●身代わり ●切ない系・鬼畜あり
●ファンタジー

▽内容紹介▽
戦乱と飢饉によって衰えていくシャルハン皇国で、過酷な生活をおくる奴隷のリィト。そんな彼を救ってくれたのは、端正な容貌の黒衣の騎士・グリファスだった。両親亡き後、誰からもやさしくされなかったリィトは、彼の包みこむような気持ちに惹かれていく。そんな幸せな時を過ごしていたある日、リィトはグリファスから、彼が仕える皇子の身代わりを頼まれる。命を救ってくれたグリファスのため、リィトは身代わりとなることを決意するが…

グリファス28歳、リィト15歳。身長差は約30cm。
生後間もない子犬が、自分を助けてくれた群のリーダーの成犬に懐いて、足下ちょろちょろしては蹴飛ばされたり(故意ではない)シッポ踏まれたり(わざとじゃない)してキュンキュン泣きながら、それでも健気に後を追い回す。その内、足下にじゃれると邪魔になると学習して少しずつ距離を取ることを覚えたのに、今度はリーダーの方から近づいてきて…! みたいな話です。

aoiumi蒼い海に秘めた恋
イラスト:藤たまき様
ガッシュ文庫/海王社
2005年4月28日発売
620円(税込)

雑誌掲載分&書き下ろし
●鈍感攻め×健気受け
●切ない系 ●誤解・すれちがい
●未来ファンタジー

▽内容紹介▽
大洪水で陸地のほとんどが水没した世界。疫病の特効薬開発の実験体として長い間研究所で育ったショアは、薬の完成とともに、特効薬開発者で養父のエルリンクに「もう用無しだ」と見捨てられる。その言葉に絶望して逃げ出した先は、ショアがずっと憧れていた男オルソン・グレイの住む海底ドームだった。助けを求めるショアをグレイは受け入れ、ふたりの暮らしが始まる。しかしショアはグレイに言えない秘密を抱えていた…

sifukuno至福の庭~ラヴ・アゲイン~
イラスト:樋口ゆうり様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2004年8月発行
898円(税込)

雑誌掲載分&書き下ろし
●強気ヘタレ攻め×恐がりな健気受け
●切ない系 ●同い年
●記憶喪失(部分的)
●現代物

▽内容紹介▽
カウンセラーである兄の仕事を手伝いながら暮らす鈴木佳人は、過去の事件が元で心に深い傷を抱いていた。ある夏の日の午後、佳人は唯一の安らぎの場である庭で、藤堂大司という男と出会う。男性的な力強さをもつ藤堂に怯えを抱きつつも、魅力的で真摯な態度に惹かれていく佳人。彼と過ごした僅かな間にも、佳人は不思議と離れがたさを感じていた。別れ際、自分に向けられた藤堂の、何かを訴えるような瞳に佳人の心が揺れ動き…。

haruyama遥山の恋(はるやまのこい)
イラスト:白砂 順 様
リンクスロマンス/幻冬舎コミックス
2003年6月発行
898円(税込)

書き下ろし(デビュー作)
●傲慢攻め×健気受け
●切ない系
●身分差・年の差・体格差
●時代物

▽内容紹介▽
身体に醜い痣をもつ少年・紫乃は、老犬シロと狩りの最中に傷ついた戦装束の青年を救う。人と交流をもたず、山でひとり暮らしていた紫乃にとって、誰かが近くにいることが何よりも嬉しかった。夢でうなされ苦しむ青年を、必死に看病する紫乃。しかし、目覚めた青年は、紫乃の顔の痣を見て『化け物』と罵る。青年の残酷な言葉に深く傷ついた紫乃は、それでも献身的につくすのだったが――。